SPRINGMAN -UC30 若返る勤労 Remastered-

ユニコーン

SPRINGMAN -UC30 若返る勤労 Remastered-

"与える男"ではギターが豪快に鳴り響き、ヒットシングルにして名曲"すばらしい日々"では繊細なリリシズムがあふれ返る。このように以後も愛される曲を収録していながら、第1期ユニコーンのラストアルバムとなった1993年の作品。"素浪人ファーストアウト"では、曲を作るなど快調そうに見えたリーダーの川西幸一が制作中に脱退。残った4人は、このアルバムの全国ツアーを行った直後に解散を発表した。曲ごとのアイデアはロックンロール、パンク、ブルースロックなど、今回もジャンルの枠を超えるほど多彩だが、そうした刺激的な作品を数多く出してきただけに、当時はバンドとしてやり尽くした感覚があったようだ。こうしてバンドブームの時代きっての人気バンドの歴史は、ここで一旦ピリオドが打たれることになったのである。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15