5曲、37分

スタッフメモ

1962年に欧州でフリージャズ界の旗手としてデビューを飾ったアルバート・アイラーは、米ニューヨークに拠点を移して、ゲイリー・ピーコック(B)、Sunny Murray(Dr)とトリオを組んで活動をスタート。1964年7月、設立されたばかりの新興レーベル、ESP-DISK'でスタジオ録音を行った。共演の2人が繰り出す既成リズムから解放された空間を自由に行き交うバッキングに、深いビブラートを伴い、泣き叫ぶように感情を爆発させるアイラーのテナーサックスが聴く者を圧倒する。彼の代表曲であり、後にフリージャズ界のアンセムとなる生涯の名演"Ghosts"など、その力強い演奏は、ジョン・コルトレーンをはじめ、多くのミュージシャンに衝撃を与え、1960年代のフリージャズムーブメントを推し進める原動力となった。

スタッフメモ

1962年に欧州でフリージャズ界の旗手としてデビューを飾ったアルバート・アイラーは、米ニューヨークに拠点を移して、ゲイリー・ピーコック(B)、Sunny Murray(Dr)とトリオを組んで活動をスタート。1964年7月、設立されたばかりの新興レーベル、ESP-DISK'でスタジオ録音を行った。共演の2人が繰り出す既成リズムから解放された空間を自由に行き交うバッキングに、深いビブラートを伴い、泣き叫ぶように感情を爆発させるアイラーのテナーサックスが聴く者を圧倒する。彼の代表曲であり、後にフリージャズ界のアンセムとなる生涯の名演"Ghosts"など、その力強い演奏は、ジョン・コルトレーンをはじめ、多くのミュージシャンに衝撃を与え、1960年代のフリージャズムーブメントを推し進める原動力となった。

タイトル 時間