7曲、48分

スタッフメモ

1964年、約5年間在籍したアート・ブレイキーのもとを離れたウェイン・ショーターは、マイルス・デイヴィス・クインテットに加入、新たな一歩を踏み出した。このアルバムは、その過渡期に録音されたBlue Note Recordsからの3枚目のリーダー作。ハービー・ハンコック (P)、ロン・カーター (B)、エルヴィン・ジョーンズ (Dr) のリズムに、フレディ・ハバード (Tp) を加えたクインテットで録音された。モードジャズの技法を極限まで追求し、全体が抑制された神秘的なムードに包まれており、イントロのアンサンブルが印象的なオープニング曲"Witch Hunt"、ブラックマジックからインスピレーションを受けたとされるタイトル曲"Speak No Evil"など、実験的でありながら耳なじみがよく、美しいメロディが多い。聴き込むほどに魅力が増すアルバムといえるだろう。

スタッフメモ

1964年、約5年間在籍したアート・ブレイキーのもとを離れたウェイン・ショーターは、マイルス・デイヴィス・クインテットに加入、新たな一歩を踏み出した。このアルバムは、その過渡期に録音されたBlue Note Recordsからの3枚目のリーダー作。ハービー・ハンコック (P)、ロン・カーター (B)、エルヴィン・ジョーンズ (Dr) のリズムに、フレディ・ハバード (Tp) を加えたクインテットで録音された。モードジャズの技法を極限まで追求し、全体が抑制された神秘的なムードに包まれており、イントロのアンサンブルが印象的なオープニング曲"Witch Hunt"、ブラックマジックからインスピレーションを受けたとされるタイトル曲"Speak No Evil"など、実験的でありながら耳なじみがよく、美しいメロディが多い。聴き込むほどに魅力が増すアルバムといえるだろう。

タイトル 時間

ウェイン・ショーター その他の作品

他のおすすめ