9曲、56分

スタッフメモ

2007年にリリースしたセカンドアルバム。デヴィッド・ボウイを彷彿させるオープニングの"Get Innocuous!"や、そのほかにもトーキング・ヘッズやクラウトロックなど、過去のロックミュージックへの接点を感じさせる楽曲が並ぶ。前作よりもグッと広がりと奥行きを持った、と同時に悲しみやいらだちのような情感を通奏低音にした作家性のある一枚。アナログシンセサイザーの波の中にメランコリアを浮かべた"Someone Great"や、ミニマルミュージックがダンスビートにほどけていく"All My Friends"、クロージングの"New York, I Love You but You’re Bringing Me Down"にあるような美しい叙情だけでなく、"North American Scum"に込められた奮い立つようなパンク性も本作にとびきりの輝きを与えている。

スタッフメモ

2007年にリリースしたセカンドアルバム。デヴィッド・ボウイを彷彿させるオープニングの"Get Innocuous!"や、そのほかにもトーキング・ヘッズやクラウトロックなど、過去のロックミュージックへの接点を感じさせる楽曲が並ぶ。前作よりもグッと広がりと奥行きを持った、と同時に悲しみやいらだちのような情感を通奏低音にした作家性のある一枚。アナログシンセサイザーの波の中にメランコリアを浮かべた"Someone Great"や、ミニマルミュージックがダンスビートにほどけていく"All My Friends"、クロージングの"New York, I Love You but You’re Bringing Me Down"にあるような美しい叙情だけでなく、"North American Scum"に込められた奮い立つようなパンク性も本作にとびきりの輝きを与えている。

タイトル 時間

LCDサウンドシステム その他の作品

他のおすすめ