12曲、48分

スタッフメモ

The War on Drugsのギター奏者としても知られる米フィラデルフィアのシンガーソングライターによる通算4枚目のアルバム。初期ホームレコーディング作品のトレードマークでもあったローファイな生々しさはそのままに、バックバンドThe Violatorsの面々との息の合ったアンサンブルをうまくパッキングした本作は、彼の名前を広く知らしめることとなった。どこかドリーミーでつまずくような歌声とサイケデリックフォークがつながり、夢世界をさまよっているような不思議な魅力を放っている。1950年代テイストの米フォークからガレージロックまで、彼が包み込んでいるインディーロックの幅広い音楽性はどこか懐かしい心地よさを放っている。

スタッフメモ

The War on Drugsのギター奏者としても知られる米フィラデルフィアのシンガーソングライターによる通算4枚目のアルバム。初期ホームレコーディング作品のトレードマークでもあったローファイな生々しさはそのままに、バックバンドThe Violatorsの面々との息の合ったアンサンブルをうまくパッキングした本作は、彼の名前を広く知らしめることとなった。どこかドリーミーでつまずくような歌声とサイケデリックフォークがつながり、夢世界をさまよっているような不思議な魅力を放っている。1950年代テイストの米フォークからガレージロックまで、彼が包み込んでいるインディーロックの幅広い音楽性はどこか懐かしい心地よさを放っている。

タイトル 時間

Kurt Vile その他の作品

他のおすすめ