13曲、37分

スタッフメモ

ブルースの名門、RCA Recordsに移籍したニーナ・シモンが1967年にリリースした作品。引きずるようなオリジナル曲"Do I Move You?"は2バージョンを収録。George Gershwinのミュージカル作品『Porgy and Bess』からの"My Man’s Gone Now"での絶唱。ハーレムルネッサンスの指導者として知られる作家、ラングストン・ヒューズが歌詞を手掛けた"Backlash Blues"。さらに1962年にアルバム「At the Village Gate」で披露していた"The House of the Rising Sun"の再録や"I Want a Little Sugar In My Bowl"でのくつろいだ歌い口。官能的なロードハウスブルース"Buck"など、彼女の濃厚な魅力が堪能できる。タイトルに違わぬ、キャリアの中でも最もむき出しで繕うことのない歌声と演奏に触れることができる一枚といえるだろう。

スタッフメモ

ブルースの名門、RCA Recordsに移籍したニーナ・シモンが1967年にリリースした作品。引きずるようなオリジナル曲"Do I Move You?"は2バージョンを収録。George Gershwinのミュージカル作品『Porgy and Bess』からの"My Man’s Gone Now"での絶唱。ハーレムルネッサンスの指導者として知られる作家、ラングストン・ヒューズが歌詞を手掛けた"Backlash Blues"。さらに1962年にアルバム「At the Village Gate」で披露していた"The House of the Rising Sun"の再録や"I Want a Little Sugar In My Bowl"でのくつろいだ歌い口。官能的なロードハウスブルース"Buck"など、彼女の濃厚な魅力が堪能できる。タイトルに違わぬ、キャリアの中でも最もむき出しで繕うことのない歌声と演奏に触れることができる一枚といえるだろう。

タイトル 時間

ニーナ・シモン その他の作品

他のおすすめ