11曲、1時間3分

スタッフメモ

1999年にリリースされた通算7作目のアルバム。オープニングの"DISCOVERY"でのジリジリと焼けつくようなサウンドから全編にわたり、前々作「深海」を思わせるシリアスな路線。しかし、ジャケットのメンバー4人の後ろに広がる空のように、よりスケールアップした音の風景が広がっている。桜井和寿ならではの風刺の効いた言葉選びも絶好調で、次第に展開するアルバムの世界観を表現した構成も格別。4人のメンバーが向かうのは"光の射す方へ"か"終わりなき旅"なのか。彼らが音で描くその世界は、ゆっくりと明度を上げていく。”アンダーシャツ"でのロッキンなコールドファンク、"ニシエヒガシエ"に顕著なサンプリングループを随所に取り込みながら、トリップホップからエモーショナルロック、ミクスチャー、さらにはポストロックにも目配せしてみせる、時代の音楽スタイルに呼応した一作。

スタッフメモ

1999年にリリースされた通算7作目のアルバム。オープニングの"DISCOVERY"でのジリジリと焼けつくようなサウンドから全編にわたり、前々作「深海」を思わせるシリアスな路線。しかし、ジャケットのメンバー4人の後ろに広がる空のように、よりスケールアップした音の風景が広がっている。桜井和寿ならではの風刺の効いた言葉選びも絶好調で、次第に展開するアルバムの世界観を表現した構成も格別。4人のメンバーが向かうのは"光の射す方へ"か"終わりなき旅"なのか。彼らが音で描くその世界は、ゆっくりと明度を上げていく。”アンダーシャツ"でのロッキンなコールドファンク、"ニシエヒガシエ"に顕著なサンプリングループを随所に取り込みながら、トリップホップからエモーショナルロック、ミクスチャー、さらにはポストロックにも目配せしてみせる、時代の音楽スタイルに呼応した一作。

タイトル 時間

Mr.Children その他の作品