13曲、59分

スタッフメモ

2019年にベストアルバム「SHISHAMO BEST」のリリース、最大規模のアリーナライブを経て、自然体なスタンスに立ち返った6作目のアルバム。宮崎朝子(Vo/G)がラップを披露している"ひっちゃかめっちゃか"に象徴されるように、既存のバンドのイメージにとらわれない自由なアイデアを素直に表現している。メロディはより伸びやかに、リズムや楽曲構成はよりバリエーション豊かになり、持ち前のカラフルなポップセンスは多面性や深みを増したものに。自分らしくあろうという背中を後押しする"君の隣にいたいから"や、今という瞬間の輝きにフォーカスした"曇り夜空は雨の予報"など、そのみずみずしい歌詞世界は、リスナーを鼓舞しながら、2020年のSHISHAMOのスタンスを鮮明に映し出している。

スタッフメモ

2019年にベストアルバム「SHISHAMO BEST」のリリース、最大規模のアリーナライブを経て、自然体なスタンスに立ち返った6作目のアルバム。宮崎朝子(Vo/G)がラップを披露している"ひっちゃかめっちゃか"に象徴されるように、既存のバンドのイメージにとらわれない自由なアイデアを素直に表現している。メロディはより伸びやかに、リズムや楽曲構成はよりバリエーション豊かになり、持ち前のカラフルなポップセンスは多面性や深みを増したものに。自分らしくあろうという背中を後押しする"君の隣にいたいから"や、今という瞬間の輝きにフォーカスした"曇り夜空は雨の予報"など、そのみずみずしい歌詞世界は、リスナーを鼓舞しながら、2020年のSHISHAMOのスタンスを鮮明に映し出している。

タイトル 時間

SHISHAMO その他の作品