6曲、21分

スタッフメモ

20年を超えるキャリアを通じて、バンドスタイルによる唯一無二のヒップホップを追求してきた韻シストが2019年にリリースしたEP。ベース/ギター/ドラムにラッパー2人の編成として10年の節目を迎える2020年へのイントロダクション的な意味をもつ作品。オーガニックなバンドサウンドとマイク巧者2人のラップの組み合わせが心地良いグルーヴを生み出す"Shine"や"SMILE"、TAKUのギターが冴え渡る"よあけの歌"など、バラエティに富んだ楽曲が並ぶ。ベテランならではの肩の力が抜けた成熟と、ポジティブなヴァイブに貫かれた音楽性は、バンドとしてのさらなる可能性を感じさせる聴き応え十分な仕上がりとなっている。

スタッフメモ

20年を超えるキャリアを通じて、バンドスタイルによる唯一無二のヒップホップを追求してきた韻シストが2019年にリリースしたEP。ベース/ギター/ドラムにラッパー2人の編成として10年の節目を迎える2020年へのイントロダクション的な意味をもつ作品。オーガニックなバンドサウンドとマイク巧者2人のラップの組み合わせが心地良いグルーヴを生み出す"Shine"や"SMILE"、TAKUのギターが冴え渡る"よあけの歌"など、バラエティに富んだ楽曲が並ぶ。ベテランならではの肩の力が抜けた成熟と、ポジティブなヴァイブに貫かれた音楽性は、バンドとしてのさらなる可能性を感じさせる聴き応え十分な仕上がりとなっている。

タイトル 時間

韻シスト その他の作品