10曲、39分

スタッフメモ

1984年リリースのセカンドアルバム。大沢誉志幸、原田真二、NOBODY、伊藤銀次といった華々しいコンポーザー陣を迎え、ジャケット写真のようなアーバンなリゾート風味を堪能できる一枚。アレンジャーの大村雅朗とプログラマーの松武秀樹コンビによるきらびやかなシンセサイザーやダンサブルなリズムワークに、しゃくりあげるような彼のヴォーカリゼーションがうまくまとめられ、爽快なニューウェーブ風シティポップに仕上がっている。アップビートの"No No サーキュレーション"からのオープニングに続く大ヒットした名曲"LA VIE EN ROSE"、セカンドシングル"サヨナラは八月のララバイ"や"ポラロイドの夏"、"グッド ラック チャーム"などメロディックな佳曲もたっぷり。アイドルとして鮮烈なデビューをしながらも、歌謡曲とアーティスティックなロックの両方をまたぐユニークな存在感を発揮していく彼の真髄をここで聴くことができる。

スタッフメモ

1984年リリースのセカンドアルバム。大沢誉志幸、原田真二、NOBODY、伊藤銀次といった華々しいコンポーザー陣を迎え、ジャケット写真のようなアーバンなリゾート風味を堪能できる一枚。アレンジャーの大村雅朗とプログラマーの松武秀樹コンビによるきらびやかなシンセサイザーやダンサブルなリズムワークに、しゃくりあげるような彼のヴォーカリゼーションがうまくまとめられ、爽快なニューウェーブ風シティポップに仕上がっている。アップビートの"No No サーキュレーション"からのオープニングに続く大ヒットした名曲"LA VIE EN ROSE"、セカンドシングル"サヨナラは八月のララバイ"や"ポラロイドの夏"、"グッド ラック チャーム"などメロディックな佳曲もたっぷり。アイドルとして鮮烈なデビューをしながらも、歌謡曲とアーティスティックなロックの両方をまたぐユニークな存在感を発揮していく彼の真髄をここで聴くことができる。

タイトル 時間

吉川晃司 その他の作品

他のおすすめ