17曲、1時間

スタッフメモ

様々な女性ポップスターを引き合いに出しながら “Gimme that crown… I wanna be Sheezus(王冠を渡しなさい、私は Sheezus よ)” という印象的な歌詞のタイトルトラックで幕を開ける、リリー・アレン3枚目のスタジオアルバム「Sheezus」。グラミー賞を受賞したソングライター、グレッグ・カースティン(フォスター・ザ・ピープル、エリー・ゴールディング)がプロデュースしたニューアルバム「Sheezus」は、ウィットに富んだリリックとドライなユーモアが魅力的な作品を収録。爽快な “Air Balloon” やバブリーな “L8 CMMR”、皮肉っぽいミドルテンポの “Our Time”、そして男女差別への疑問を強く問いかける “Hard out Here” など、バラエティ豊かなサウンドをフィーチャー。リリー・アレンの鋭い社会的なビジョンがフックとなり「Sheezus」に更なる魅力をもたらしている。

ペアレンタルアドバイザリ:露骨な表現を含む歌詞

スタッフメモ

様々な女性ポップスターを引き合いに出しながら “Gimme that crown… I wanna be Sheezus(王冠を渡しなさい、私は Sheezus よ)” という印象的な歌詞のタイトルトラックで幕を開ける、リリー・アレン3枚目のスタジオアルバム「Sheezus」。グラミー賞を受賞したソングライター、グレッグ・カースティン(フォスター・ザ・ピープル、エリー・ゴールディング)がプロデュースしたニューアルバム「Sheezus」は、ウィットに富んだリリックとドライなユーモアが魅力的な作品を収録。爽快な “Air Balloon” やバブリーな “L8 CMMR”、皮肉っぽいミドルテンポの “Our Time”、そして男女差別への疑問を強く問いかける “Hard out Here” など、バラエティ豊かなサウンドをフィーチャー。リリー・アレンの鋭い社会的なビジョンがフックとなり「Sheezus」に更なる魅力をもたらしている。

ペアレンタルアドバイザリ:露骨な表現を含む歌詞
タイトル 時間

評価とレビュー

3.8/5
50件の評価

50件の評価

corgibuttparade

肩すかし気味

結婚・出産を経て久々の復活作ということで期待大でしたが・・正直今ひとつの出来かな?特に先行シングルHard Out Hereでも見せていたR&B寄りの音作りとオートチューンの使用に納得いかず。もちろんリリーらしく色んなジャンルを飛び越えて行く軽やかさは健在なのですが、パンチのある曲が少ない。
とりあえず、1stのSmileやLDNのようなリリーを期待していると裏切られます(笑)

もちろん相変わらず皮肉たっぷり辛辣かつ素直な歌詞は面白いです。
フェミニストっぷり全開のHard Out Hereを筆頭に、子育て中の迷いを歌ったLife for Me、ネットの名無しさんたちを煽りまくるURL Badman、とびきりセクシーなClose Your Eyes…と、センスに溢れた名言が並びます。

音も決して悪いわけではないのですが、どうもオーディエンスが彼女に期待してるものから少しベクトルがズレているような感じがしました。

渡邉 公乃

いいね

前回のアルバムはあんまり好きじゃなかったけど今回はいいなー

dfujbs

まあまあ

三曲目いいですね!

リリー・アレン その他の作品

他のおすすめ