12曲、56分

スタッフメモ

情緒的な演奏と卓越したセンスで、東欧伝統音楽とジャズの未来が融和した詩的な世界観へリスナーを引き込む、アルメニア生まれのジャズピアニスト、ティグラン・ハマシアン。若くして天才と呼ばれ、新作ごとに新境地を開拓してきた彼の5枚目のリーダー作となる本作は、ジャズロックバンドKneebodyからドラマーとサクソフォニストが参加。神秘的なピアノに変速ビート、女性スキャットが重なり合い、緊張感漂うサウンドを徐々に作り上げていく。サンプル音を用いた"Erishta"や、ピアノと電子楽器が奏でるバロック調の"Road Song"など、プログレッシブロックやエレクトロニカの要素も取り入れた、彼の実験的精神が発揮されたこの作品からは、ジャズの未来が感じられる。

スタッフメモ

情緒的な演奏と卓越したセンスで、東欧伝統音楽とジャズの未来が融和した詩的な世界観へリスナーを引き込む、アルメニア生まれのジャズピアニスト、ティグラン・ハマシアン。若くして天才と呼ばれ、新作ごとに新境地を開拓してきた彼の5枚目のリーダー作となる本作は、ジャズロックバンドKneebodyからドラマーとサクソフォニストが参加。神秘的なピアノに変速ビート、女性スキャットが重なり合い、緊張感漂うサウンドを徐々に作り上げていく。サンプル音を用いた"Erishta"や、ピアノと電子楽器が奏でるバロック調の"Road Song"など、プログレッシブロックやエレクトロニカの要素も取り入れた、彼の実験的精神が発揮されたこの作品からは、ジャズの未来が感じられる。

タイトル 時間

ティグラン・ハマシアン その他の作品