スタッフメモ 音楽家・前田勝彦によるソロ・ユニット world's end girlfriend。ポストロックやエレクトロニカをベースに、プログレッシブ・ロックやクラシックなど幅広い音楽性を内包した、独特の世界観を持ったサウンドが持ち味だ。自身のレーベル、Virgin Babylon Records の第1弾アイテムとしてリリースされた3年半ぶりのオリジナル・アルバムは、始めにAメロ、Bメロ、サビという一般的な形式の歌モノを作曲し、その後ボーカル・パートを完全に消去し残されたトラックを再構築していくという、特殊な作曲方法で制作された作品。そうして浮かび上がった「Seven Idiots」の世界は、どこか退廃的なムードを秘めつつも、緻密に構築された壮絶な美しさを持っている。ノイズと管弦楽器の音色が交互に降り注ぐ “Good Bye Merry Lou” から、享楽的なフィナーレを迎える “Teen Age Ziggy”など、電子音と生演奏とが織り成す詩的なポップ・ミュージックに、ただただ圧倒されてみてほしい。

1
1:20
 
2
7:08
 
3
5:00
 
4
6:48
 
5
5:13
 
6
4:43
 
7
5:29
 
8
8:24
 
9
10:15
 
10
3:11
 
11
4:28
 
12
8:34
 
13
7:48
 

world's end girlfriend その他の作品

他のおすすめアルバム