16曲、59分

スタッフメモ

10代でデビューした彼らの4作目がついにリリース。「暗闇や恐怖そして死をテーマに書いた」 という通り、オルタナティブなプロダクションワークの上に踊る内省的でナイーブな言葉たち。ヴォーカル尾崎雄喜のつかめないのに芯がある歌声がギターの音色と絡み合い溶け合うサウンドには、本人たちの言う「孤独」よりむしろほのかな希望が似合う。ともすれば独りよがりになりがちなセルフプロデュースだが、今アルバムは一貫したバンドとしての意思を通しているのが感じられる。ノスタルジックなサウンドにシュールな歌詞の ”カンフーボーイ”、Aimer を向かえバンドとして新たな面を見せる ”ベッド” や、シングル曲 ”クライマー” などを収録。

スタッフメモ

10代でデビューした彼らの4作目がついにリリース。「暗闇や恐怖そして死をテーマに書いた」 という通り、オルタナティブなプロダクションワークの上に踊る内省的でナイーブな言葉たち。ヴォーカル尾崎雄喜のつかめないのに芯がある歌声がギターの音色と絡み合い溶け合うサウンドには、本人たちの言う「孤独」よりむしろほのかな希望が似合う。ともすれば独りよがりになりがちなセルフプロデュースだが、今アルバムは一貫したバンドとしての意思を通しているのが感じられる。ノスタルジックなサウンドにシュールな歌詞の ”カンフーボーイ”、Aimer を向かえバンドとして新たな面を見せる ”ベッド” や、シングル曲 ”クライマー” などを収録。

タイトル 時間

Galileo Galilei その他の作品

他のおすすめ