ブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン

ブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン

2008年に公演活動からの引退を表明して10年。本作には、巨匠ピアニスト、アルフレッド・ブレンデルの全盛期の演奏を記録した貴重な音源を収録。サイモン・ラトルが指揮するウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との共演によるシューマンのピアノ協奏曲は2001年のライブ録音だ。楽曲への深い理解とあふれる愛情が小節ごとに感じられる演奏は、まさにブレンデルの真骨頂。ブラームスは1979年のライブ録音によるもので、ブレンデルによる音源が発表されていなかった楽曲だが、知性と情感、そして、テクニックと詩的表現の絶妙なバランスを聴けば、これまで待たされた気持ちが喜びへと変わるだろう。

他のおすすめ

国または地域を選択

アフリカ、中東、インド

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ、カリブ海地域

米国およびカナダ