17曲、1時間18分

スタッフメモ

優れたピアノ奏者でもあったシューマンは、同時にチェロにも深く親しんだといわれる。しかし、作曲家として歩んだ彼は、チェロのための作品を多く残していない。その代わりチェロと音域や音色が近いといわれる声楽のために400曲以上もの作品を創作するなど、興味深い作曲活動もうかがえる。このアルバムは、そのシューマンの数少ないチェロ作品の魅力を存分に伝えるもの。激しくも美しい「チェロ協奏曲」や「Adagio and Allegro」。メンデルスゾーンから影響を受けた「Phantasiestücke」など、シューマンがいかにチェロに愛情を持っていたかがわかるだろう。チェロのゴーティエ・カピュソン、ピアノのマルタ・アルゲリッチ、ベルナルド・ハイティンク指揮のヨーロッパ室内管弦楽団らが、ドイツ・ロマン派音楽の真髄を聴かせてくれる。

スタッフメモ

優れたピアノ奏者でもあったシューマンは、同時にチェロにも深く親しんだといわれる。しかし、作曲家として歩んだ彼は、チェロのための作品を多く残していない。その代わりチェロと音域や音色が近いといわれる声楽のために400曲以上もの作品を創作するなど、興味深い作曲活動もうかがえる。このアルバムは、そのシューマンの数少ないチェロ作品の魅力を存分に伝えるもの。激しくも美しい「チェロ協奏曲」や「Adagio and Allegro」。メンデルスゾーンから影響を受けた「Phantasiestücke」など、シューマンがいかにチェロに愛情を持っていたかがわかるだろう。チェロのゴーティエ・カピュソン、ピアノのマルタ・アルゲリッチ、ベルナルド・ハイティンク指揮のヨーロッパ室内管弦楽団らが、ドイツ・ロマン派音楽の真髄を聴かせてくれる。

タイトル 時間

ゴーティエ・カピュソン その他の作品