スタッフメモ 私生活にまつわるゴシップの数々から、一時はアーティストとしての活動も危ぶまれたクリス・ブラウンだったが、起死回生の前作アルバム「X」からわずか一年でリリースされた本作は、ジャケットで抱きしめる愛娘の名前をタイトルに冠し、ゲストの客演は控えめに、しかしその音楽性は非常にカラフルな、クリス・ブラウン自身の成熟を感じさせる一枚となっている。軽快なダンスビートと重層的なヴォーカルで彼流の未来型ディスコを実現した "Fine By Me"、正面からトラップを取り込みつつ持ち前の甘いメロディで調理した "Wrist" をはじめ、バラエティーに富んだ音楽的意匠を纏いながらも、そのことが逆に"クリス・ブラウンらしさ"を強調している。

1
3:21
 
2
3:27
 
3
3:14
 
4
3:50
 
5
3:44
 
6
3:34
 
7
3:31
 
8
3:13
 
9
4:33
 
10
4:25
 
11
2:45
 
12
4:01
 
13
3:06
 
14
4:20
 
15
4:07
 
16
4:08
 
17
3:34
 
18
3:33
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

クリス・ブラウン その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム