19曲、1時間36分

スタッフメモ

レーベル移籍後、最初に録音されたアルバム。レーベルをまたぐ時期だったことに加え、この直後に前レーベルに残されていた契約上のノルマを消化するために敢行されたアルバム4枚分の録音、通称"マラソンセッション"とも重なったことから、怒濤の時期に発表されたものと認められている。しかし、マイルスはその重圧をも味方に付けた。セロニアス·モンク作の冒頭曲"‘Round Midnight"では、楽曲の物語性を沈思するようにありったけの創造力を動員、移籍第1弾にふさわしい力演を見せる。逝去直後の恩師チャーリー·パーカーの"Ah-Leu-Cha"を取り上げているのも印象深い。

スタッフメモ

レーベル移籍後、最初に録音されたアルバム。レーベルをまたぐ時期だったことに加え、この直後に前レーベルに残されていた契約上のノルマを消化するために敢行されたアルバム4枚分の録音、通称"マラソンセッション"とも重なったことから、怒濤の時期に発表されたものと認められている。しかし、マイルスはその重圧をも味方に付けた。セロニアス·モンク作の冒頭曲"‘Round Midnight"では、楽曲の物語性を沈思するようにありったけの創造力を動員、移籍第1弾にふさわしい力演を見せる。逝去直後の恩師チャーリー·パーカーの"Ah-Leu-Cha"を取り上げているのも印象深い。

タイトル 時間

マイルス・デイヴィス その他の作品

他のおすすめ