スタッフメモ 1990年代初頭にロンドンのクラブ・シーンを中心に勃興し、瞬く間に世界中に飛び火して拡大していったアシッド・ジャズ・ムーブメントを代表する1枚として知られているのがこの Young Disciples の唯一のアルバム「Road To Freedom」だ。メンバーは、DJとしてもレア・グルーブ / アシッド・ジャズ・シーンで活躍していた Marc Nelson と Femi Williams に、Vicki Anderson の娘であり、義父には Bobby Byrd を持つソウル / ファンクのサラブレッドと言っても過言ではないアメリカ人女性シンガーの Carleen Anderson を加えた英米混成のトリオ。ソウルやファンク、レア・グルーブ、ジャズといったアメリカ産のルーツ・ミュージックを1990年代的な視点でとらえ直し、1990年代的な手法で再構築したサウンドと Carleen Anderson のソウルフルなボーカルが、1990年代のロンドンでしか生まれ得ないみずみずしいソウル・ミュージックというかたちで結実し、時代を象徴する金字塔を打ち立てた。後にシーンで絶大な影響力を誇ることになる Gilles Peterson が主宰した Talkin' Loud レーベルの存在感をシーンに確立した作品でもある。

ソング
Get Yourself Together, Pts. 1 & 2
1
6:13
 
Apparently Nothin' (Soul River)
2
5:21
 
Funky Yeh Funki (Mek It)
3
0:40
 
Talkin' What I Feel
4
4:07
 
All I Have (In Dub)
5
2:59
 
Move On
6
3:28
 
As We Come (To Be)
7
4:35
 
Step Right On (Dub)
8
3:55
 
Freedom Suite: Pt. 1 - Freedom / Pt. 2 - Wanting / Pt. 3 - To Be Free
9
15:57
 
Young Disciples Theme
10
1:58