10曲、33分

スタッフメモ

「Gjallarhorn EP」でのインディーズ・デビューを経て順調にメジャー・デビューを果たし、瞬時に雑誌カバーの常連となった4ピース・ロック・バンド 9mm Parabellum Bullet。彼らが日本武道館公演を成功させた勢いとともに作り上げた3rdアルバムがこの「Revolutionary」だ。2ndアルバム「VAMPIRE」から1年6ヵ月ぶりとなる、彼らとしては長いスパンを置いた今作最大のトピックは、メジャー・デビュー以来のプロデューサーである、いしわたり淳治の手を離れた初のセルフ・プロデュース作品となっているということだろう。そしてそれが見事に大成功を収め長所となっているということが見逃せない。9mm をたった1曲に凝縮させたようなオープニング・トラック “Lovecall From The World” に始まる収録曲は、どこを切っても100% 9mm Parabellum Bullet といった印象の仕上がり。それでいながらも停滞感は皆無。圧倒的なエネルギーで聴く者に新鮮な印象を与えてくれる、決定打とも言える作品だ。

スタッフメモ

「Gjallarhorn EP」でのインディーズ・デビューを経て順調にメジャー・デビューを果たし、瞬時に雑誌カバーの常連となった4ピース・ロック・バンド 9mm Parabellum Bullet。彼らが日本武道館公演を成功させた勢いとともに作り上げた3rdアルバムがこの「Revolutionary」だ。2ndアルバム「VAMPIRE」から1年6ヵ月ぶりとなる、彼らとしては長いスパンを置いた今作最大のトピックは、メジャー・デビュー以来のプロデューサーである、いしわたり淳治の手を離れた初のセルフ・プロデュース作品となっているということだろう。そしてそれが見事に大成功を収め長所となっているということが見逃せない。9mm をたった1曲に凝縮させたようなオープニング・トラック “Lovecall From The World” に始まる収録曲は、どこを切っても100% 9mm Parabellum Bullet といった印象の仕上がり。それでいながらも停滞感は皆無。圧倒的なエネルギーで聴く者に新鮮な印象を与えてくれる、決定打とも言える作品だ。

タイトル 時間

9mm Parabellum Bullet その他の作品

他のおすすめ