Random Access Memories

ダフト・パンク

Random Access Memories

1970年代から1980年代にかけてのディスコやファンクを再解釈し、これまでの彼らの手法と融合したハイブリッドなサウンドが、以降のエレクトロミュージックに多大な影響を与えることになった一作。ミニマルな音作りに徹した『Human After All』から一転、本作では時代やジャンルを超えた豊かなクロスオーバーが実現している。ボコーダーによってさまざまな音色を獲得したボーカルや、ピアノやギターなどの生音が醸し出すライブ感覚などは、新境地といっていいものだ。ダフト・パンク自身にとっても転機となったアルバムであり、ロボットマスクを装着し、アイデンティティを秘匿してきた彼らの“人間らしさ”が垣間見えた作品でもある。また、ジョルジオ・モロダーやナイル・ロジャースをゲストに招き、本作のモダンな音響の中で彼らをフィーチャーすることで、巨匠たちの再評価を促した功績も大きい。名曲ぞろいの本作だが、特にロジャース、Pharrell Williamsと共演した「Get Lucky」は2013年を代表するヒット曲となり、アルバムと併せてグラミー賞など多数のアワードを受賞した。

このアルバムはApple Digital Masterに対応しています。アーティストやレコーディングエンジニアの思いを忠実に再現した、臨場感あふれる繊細なサウンドをお楽しみください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13

その他のバージョン