スタッフメモ 一曲一曲が濃厚なストーリーを描き出しながら、確かな体温と身体性を伴ってリスナーの心情に迫る。これこそがBLUE ENCOUNTだと証明するようなアルバムだ。冒頭の「STAY HOPE」は世界がパンデミックの脅威にさらされた2020年へのメッセージソングとして響き、「FREEDOM」以降にリリースされたシングルはそれぞれがテレビアニメやドラマ、映画作品のテーマ曲としてカルチャーに浸透してきた。一方で「棘」や「VOLCANO DANCE」といった初出曲は、パワフルなシングル群に押し負けることのない存在感を放ってアルバムの中盤を担っている。そして壮麗なメロディが次々に押し寄せる後半を経て、ラストは田邊駿一(Vo/G)が過去の若き自分自身にエールを贈る「喝采」へたどり着く。無数のストーリーを抱えてキャリアを重ねてきたBLUE ENCOUNTが、大きな包容力のあるバンドへと成長したことを告げる一作。

1
2:02
 
2
4:20
 
3
3:44
 
4
4:01
 
5
3:55
 
6
3:52
 
7
2:54
 
8
6:15
 
9
5:00
 
10
4:20
 
11
5:00
 

ミュージックビデオ

BLUE ENCOUNT その他の作品

おすすめコンテンツ