スタッフメモ ザ・クラッシュの4作目となる本作がリリースされた1980年には、既にパンクムーブメントは収束に向かっており、多くのパンクバンドが解散や活動休止を余儀なくされていた。しかし、彼らはシンプルなスリーコードロックとしてのパンクにとらわれず、音楽性を大胆に膨らませていくことで生き残り、本作を生み出した。時代と共振したニューウェーブサウンドからソウルやファンク、さらにはジャマイカレコーディングの成果としてレゲエ/ダブ/カリプソの要素も飛躍的に強化されており、彼らの歴史上最もバラエティー豊かなアルバムに仕上がっている。パンクとは姿勢であり、スタイルではないというジョー・ストラマーの哲学を証明した後期の傑作だ。

1
5:32
 
2
4:21
 
3
4:52
 
4
3:05
 
5
1:42
 
6
3:43
 
7
3:26
 
8
2:45
 
9
5:28
 
10
3:34
 
11
3:31
 
12
3:35
 
13
4:50
 
14
4:32
 
15
2:42
 
16
4:24
 
17
4:36
 
18
4:01
 
19
3:16
 
20
2:09
 
21
5:46
 
22
5:28
 
23
3:51
 
24
5:48
 
25
5:08
 
26
4:54
 
27
3:41
 
28
2:49
 
29
2:37
 
30
3:27
 
31
4:22
 
32
4:50
 
33
4:16
 
34
5:23
 
35
2:30
 
36
3:27
 

ミュージックビデオ

  • The Call Up
    The Call Up
    ザ・クラッシュ
  • The Call Up
    The Call Up
    ザ・クラッシュ
  • The Call Up
    The Call Up
    ザ・クラッシュ

ザ・クラッシュ その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム