11曲、28分

スタッフメモ

イギリスにおけるアシッドフォークの代表的なシンガーソングライター、ニック・ドレイクの遺作となったサードアルバム。前2作は内向的だった本人の意向で、ライブも作品のプロモーションもほとんど行われなかったこともあり、商業的な成功に恵まれなかった。本作は失意の中、たった2晩でレコーディングされたという。当時の精神状態が反映された歌詞がつづる喪失感、挫折感と希望を求める切実な思い。自身によるヴォーカルとギター、ピアノのみで構成された楽曲は、彼の音楽の核心部分をむき出しにし、最も研ぎ澄まされた形で焼き付けられた。この奇跡的な作品への評価は彼の死後に高まり、時代を超えて世界中の音楽家やリスナーに愛され、影響を与え続けている。

スタッフメモ

イギリスにおけるアシッドフォークの代表的なシンガーソングライター、ニック・ドレイクの遺作となったサードアルバム。前2作は内向的だった本人の意向で、ライブも作品のプロモーションもほとんど行われなかったこともあり、商業的な成功に恵まれなかった。本作は失意の中、たった2晩でレコーディングされたという。当時の精神状態が反映された歌詞がつづる喪失感、挫折感と希望を求める切実な思い。自身によるヴォーカルとギター、ピアノのみで構成された楽曲は、彼の音楽の核心部分をむき出しにし、最も研ぎ澄まされた形で焼き付けられた。この奇跡的な作品への評価は彼の死後に高まり、時代を超えて世界中の音楽家やリスナーに愛され、影響を与え続けている。

タイトル 時間

ニック・ドレイク その他の作品