12曲、58分

スタッフメモ

1996年にリリースした通算7枚目のオリジナルアルバム。「男はつらいっすねぇ」という槇原自身の叫びで幕を開け、エキゾチックなメロディを背景に漂わせる"PENGUIN"やスコティッシュ風味を忍ばせた"君の自転車"、胸が高鳴るような疾走感に背を押される"どうしようもない僕に天使が降りてきた"などリッチなバンドアレンジとメロディメーカーとして希代の才能が結合した槇原敬之の初期キャリアを総括する傑作。本作を最後に引退することも考えていたというエピソードもあるが、取り繕わずに自分をさらけ出していこうという槇原敬之の決意がアルバムから伝わってくる。

スタッフメモ

1996年にリリースした通算7枚目のオリジナルアルバム。「男はつらいっすねぇ」という槇原自身の叫びで幕を開け、エキゾチックなメロディを背景に漂わせる"PENGUIN"やスコティッシュ風味を忍ばせた"君の自転車"、胸が高鳴るような疾走感に背を押される"どうしようもない僕に天使が降りてきた"などリッチなバンドアレンジとメロディメーカーとして希代の才能が結合した槇原敬之の初期キャリアを総括する傑作。本作を最後に引退することも考えていたというエピソードもあるが、取り繕わずに自分をさらけ出していこうという槇原敬之の決意がアルバムから伝わってくる。

タイトル 時間

槇原敬之 その他の作品

他のおすすめ