11曲、32分

スタッフメモ

不世出のソウルシンガー、オーティス・レディングの絶頂期を捉えた作品で、本作での成功を経て世界的な名声を獲得する。演奏はBOOKER T & THE MG'Sのメンバーをはじめ、Staxレーベルのスタジオミュージシャンが参加。オリジナルは3曲のみだが、アレサ・フランクリンらが取り上げた名曲のカバーで、尊厳の必要性を謳う"Respect"が素晴らしい。"Change Gonna Come"など敬愛するサム・クックのカバーを3曲収録しているが、オリジナルへの畏敬の元、自己薬籠中のものとしたオーティスのシンガーとしての力量はやはり突出したものを感じさせる。ザ・ローリング・ストーンズの"Satisfaction"も見事に我が物に。モータウンサウンドもブルースも難なくこなす、ソウル史に残るその名唱を堪能してほしい。

スタッフメモ

不世出のソウルシンガー、オーティス・レディングの絶頂期を捉えた作品で、本作での成功を経て世界的な名声を獲得する。演奏はBOOKER T & THE MG'Sのメンバーをはじめ、Staxレーベルのスタジオミュージシャンが参加。オリジナルは3曲のみだが、アレサ・フランクリンらが取り上げた名曲のカバーで、尊厳の必要性を謳う"Respect"が素晴らしい。"Change Gonna Come"など敬愛するサム・クックのカバーを3曲収録しているが、オリジナルへの畏敬の元、自己薬籠中のものとしたオーティスのシンガーとしての力量はやはり突出したものを感じさせる。ザ・ローリング・ストーンズの"Satisfaction"も見事に我が物に。モータウンサウンドもブルースも難なくこなす、ソウル史に残るその名唱を堪能してほしい。

タイトル 時間

オーティス・レディング その他の作品

他のおすすめ