16曲、1時間11分

スタッフメモ

J.Loとして世に知られる様になる以前の彼女は女優ジェニファー・ロペスだった。ブロンクス出身の有望な女優ではあったが、当時は"ジェニー・フロム・ザ・ブロック"つまり、まだ"近所のジェニー"だった。映画でセレーナ役を演じたことで知られていたが、デビューアルバムを制作することになるまで彼女はレコーディングスタジオに入った経験がほとんどなかった。「すべてが新しくて、怖くて、エキサイティングだった」とロペスはApple Musicに語る。「あのアルバムは、私自身の種のようなもの。私はいつも地下鉄6番線に乗って通う、いつも大きな夢を抱いているどうしようもないロマンチストだった。あの作品にはその時の想いが全て詰まっているの。最高のポップアルバムというもの、いや、最高のアルバムというものは、アーティストが心と魂をすべて注ぎ込み、あらゆる方法でリスナーに自分自身を伝えようとしているものだと思うわ」。

リッキー・マーティン、シャキーラ、エンリケ・イグレシアスといったラテン系のポップスターが英語詞の楽曲で次々とヒットを飛ばした1999年。後に「On the 6」として知られるファーストアルバムに深く関わった当時のソニー・ミュージックの会長、Tommy Mottolaの後押しもあり、ロペスの歌手デビューもその波に乗ることができた。「私はブロンクスで生まれたのだけど、スペイン語はほとんど話せなかった。それについては今でも苦労しているの。(当時は)人々がラテン系のアーティストをただ素晴らしいアーティストとして受け止めてくれた。それは画期的な瞬間だったわ」とロペスは語る。アルバムにはラテンテイストが所々に施されており、彼女がのちの夫となるマーク・アンソニーとのスペイン語デュエット"No Me Ames"や、ロドニー・ジャーキンスがプロデュースしたリードシングルであり、キャリア史上初めて1位を獲得した"If You Had My Love"にはラテンギターがフィーチャーされている。だが、ロペスにとって同作において最も忘れられないクロスカルチャーな楽曲は、決してヒット曲ではなかった。「シングルカットはされなかったけれど、私にとって"Let’s Get Loud"こそが印象的な楽曲なの」と彼女は振り返る。「今でもあの曲を披露すると、世界中の会場やスポーツアリーナがものすごく盛り上がるのよ」。

ロペスはその後、より規模の大きな映画で主演を務めたり、より大きなヒット曲を飛ばしていくことになる。だが、これまでに成し遂げられたすべての型破りで先駆的な偉業を通して、アルバム「On the 6」の残した最も印象的な功績は、彼女に2つのキャリアのスムーズな両立を実現させたことではないだろうか。それは多くのスターが試みるも、本当の意味で達成することができなかったことでもある。「それは私がずっとやりたかったことだと思うの。私のやりたいことの妨げとなった人たちはみんな取り残されていったわ」とロペスは語る。「心の奥底で、それが自分の一部なのだと確信しているなら、他の誰かに不可能だなんて言わせてはいけないということよ」 。

スタッフメモ

J.Loとして世に知られる様になる以前の彼女は女優ジェニファー・ロペスだった。ブロンクス出身の有望な女優ではあったが、当時は"ジェニー・フロム・ザ・ブロック"つまり、まだ"近所のジェニー"だった。映画でセレーナ役を演じたことで知られていたが、デビューアルバムを制作することになるまで彼女はレコーディングスタジオに入った経験がほとんどなかった。「すべてが新しくて、怖くて、エキサイティングだった」とロペスはApple Musicに語る。「あのアルバムは、私自身の種のようなもの。私はいつも地下鉄6番線に乗って通う、いつも大きな夢を抱いているどうしようもないロマンチストだった。あの作品にはその時の想いが全て詰まっているの。最高のポップアルバムというもの、いや、最高のアルバムというものは、アーティストが心と魂をすべて注ぎ込み、あらゆる方法でリスナーに自分自身を伝えようとしているものだと思うわ」。

リッキー・マーティン、シャキーラ、エンリケ・イグレシアスといったラテン系のポップスターが英語詞の楽曲で次々とヒットを飛ばした1999年。後に「On the 6」として知られるファーストアルバムに深く関わった当時のソニー・ミュージックの会長、Tommy Mottolaの後押しもあり、ロペスの歌手デビューもその波に乗ることができた。「私はブロンクスで生まれたのだけど、スペイン語はほとんど話せなかった。それについては今でも苦労しているの。(当時は)人々がラテン系のアーティストをただ素晴らしいアーティストとして受け止めてくれた。それは画期的な瞬間だったわ」とロペスは語る。アルバムにはラテンテイストが所々に施されており、彼女がのちの夫となるマーク・アンソニーとのスペイン語デュエット"No Me Ames"や、ロドニー・ジャーキンスがプロデュースしたリードシングルであり、キャリア史上初めて1位を獲得した"If You Had My Love"にはラテンギターがフィーチャーされている。だが、ロペスにとって同作において最も忘れられないクロスカルチャーな楽曲は、決してヒット曲ではなかった。「シングルカットはされなかったけれど、私にとって"Let’s Get Loud"こそが印象的な楽曲なの」と彼女は振り返る。「今でもあの曲を披露すると、世界中の会場やスポーツアリーナがものすごく盛り上がるのよ」。

ロペスはその後、より規模の大きな映画で主演を務めたり、より大きなヒット曲を飛ばしていくことになる。だが、これまでに成し遂げられたすべての型破りで先駆的な偉業を通して、アルバム「On the 6」の残した最も印象的な功績は、彼女に2つのキャリアのスムーズな両立を実現させたことではないだろうか。それは多くのスターが試みるも、本当の意味で達成することができなかったことでもある。「それは私がずっとやりたかったことだと思うの。私のやりたいことの妨げとなった人たちはみんな取り残されていったわ」とロペスは語る。「心の奥底で、それが自分の一部なのだと確信しているなら、他の誰かに不可能だなんて言わせてはいけないということよ」 。

タイトル 時間

ジェニファー・ロペス その他の作品