8曲、1時間13分

スタッフメモ

フランスの若き俊英チェリスト、エドガー・モローが本作で取り上げたのは、およそ130年の時を隔てて作曲された2つのチェロ協奏曲。一方はオッフェンバックが1847年に書いた作品で、オペレッタで人気を博した作曲家らしい派手さと、チェロの名手でもあった彼ならではの高度な技巧性がふんだんに盛り込まれており、モローの驚異的ともいえるテクニックがさえ渡る。もう一方は、モーツァルトやベートーヴェンを得意とした20世紀を代表するピアニストで、ジャズミュージシャンとしても名高いフリードリヒ・グルダが手掛けた作品。クラシックやジャズ、ロック、牧歌的な民謡など、さまざまな音楽のエッセンスを取り入れている。チェロと管楽合奏をメインに、クラシックギターやエレクトリックギター、ドラムセットなどを交えながら演奏するという型破りな現代曲で、モローの豊かな表現力を堪能することができる。自らもチェリスト、ピアニスト、作編曲家でジャズミュージシャンでもあるラファエル・メルランが指揮するレ・フォース・マジュールの演奏も、音楽の楽しさを存分に伝えてくれる。

スタッフメモ

フランスの若き俊英チェリスト、エドガー・モローが本作で取り上げたのは、およそ130年の時を隔てて作曲された2つのチェロ協奏曲。一方はオッフェンバックが1847年に書いた作品で、オペレッタで人気を博した作曲家らしい派手さと、チェロの名手でもあった彼ならではの高度な技巧性がふんだんに盛り込まれており、モローの驚異的ともいえるテクニックがさえ渡る。もう一方は、モーツァルトやベートーヴェンを得意とした20世紀を代表するピアニストで、ジャズミュージシャンとしても名高いフリードリヒ・グルダが手掛けた作品。クラシックやジャズ、ロック、牧歌的な民謡など、さまざまな音楽のエッセンスを取り入れている。チェロと管楽合奏をメインに、クラシックギターやエレクトリックギター、ドラムセットなどを交えながら演奏するという型破りな現代曲で、モローの豊かな表現力を堪能することができる。自らもチェリスト、ピアニスト、作編曲家でジャズミュージシャンでもあるラファエル・メルランが指揮するレ・フォース・マジュールの演奏も、音楽の楽しさを存分に伝えてくれる。

タイトル 時間

Edgar Moreau その他の作品