8曲、1時間10分

スタッフメモ

2019年からシアトル交響楽団の音楽監督を務める、デンマーク出身の指揮者トーマス・ダースガード。彼がマーラーの「交響曲第10番」に続いて選んだのは、母国を代表する作曲家カール・ニールセンの「第3番 広がり」と「第4番 不滅」という2つの交響曲だ。シアトルの名奏者たちによる丁寧さの中にもほとばしる熱情が感じられるパフォーマンスは、先達への敬意にあふれ、楽曲の魅力を余すところなく伝える。また、「第3番」の第2楽章では、2人のヴォーカリストが楽曲に豊かな表情を与えている。

スタッフメモ

2019年からシアトル交響楽団の音楽監督を務める、デンマーク出身の指揮者トーマス・ダースガード。彼がマーラーの「交響曲第10番」に続いて選んだのは、母国を代表する作曲家カール・ニールセンの「第3番 広がり」と「第4番 不滅」という2つの交響曲だ。シアトルの名奏者たちによる丁寧さの中にもほとばしる熱情が感じられるパフォーマンスは、先達への敬意にあふれ、楽曲の魅力を余すところなく伝える。また、「第3番」の第2楽章では、2人のヴォーカリストが楽曲に豊かな表情を与えている。

タイトル 時間

シアトル交響楽団 その他の作品