6曲、44分

スタッフメモ

1960年代後半から欧州を中心に活動していたシカゴ派フリージャズの急先鋒、アート・アンサンブル・オブ・シカゴ。黒人音楽としてのジャズを背景に、5人のメンバーが多彩な楽器を駆使して繰り広げる即興演奏で人気を獲得した彼らは、満を持して1978年に名門ECM Recordsのサポートのもと録音を行った。不安げなイントロから一気にレゲエに突入する展開で、多くのファンを驚かせた"Ja"、アブストラクトな集団即興曲"Folkus"、ジャズの歴史に敬意を払いながら、ユーモラスに表現した"Dreaming of the Master"など、どの楽曲も絶妙なバランスで、ジャンルにこだわらない彼らの魅力が凝縮されている。このアルバムの成功によって、グループは一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。

スタッフメモ

1960年代後半から欧州を中心に活動していたシカゴ派フリージャズの急先鋒、アート・アンサンブル・オブ・シカゴ。黒人音楽としてのジャズを背景に、5人のメンバーが多彩な楽器を駆使して繰り広げる即興演奏で人気を獲得した彼らは、満を持して1978年に名門ECM Recordsのサポートのもと録音を行った。不安げなイントロから一気にレゲエに突入する展開で、多くのファンを驚かせた"Ja"、アブストラクトな集団即興曲"Folkus"、ジャズの歴史に敬意を払いながら、ユーモラスに表現した"Dreaming of the Master"など、どの楽曲も絶妙なバランスで、ジャンルにこだわらない彼らの魅力が凝縮されている。このアルバムの成功によって、グループは一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。

タイトル 時間

アート・アンサンブル・オブ・シカゴ その他の作品