スタッフメモ 数々の有名アーティストのサポートやアレンジなどで活躍するキーボーディストの渡辺シュンスケが"ピアノトリオの未来型"をイメージしながら結成したバンドによる、2010年リリースのデビューアルバム。彼のピアノにベース、ドラムスを加えた3人編成が奏でる、洗練されたインストゥルメンタルは、どこまでも刺激的なもの。ジャズをベースにしながらポストロックの要素も吸収したサウンドは自由な発想にあふれ、全編にわたって楽器を通じての生身の人間同士の絡み合いが繰り広げられている。それでいながら耳なじみが非常に良く、しかもその軽やかさの中に真摯でやさしい個性がにじみ出ているのが魅力的だ。確かな実力を持つプレイヤーが感性のおもむくままに紡いだ音の結晶は、この作品以降、さらに発展を重ねていく。

1
5:18
 
2
6:07
 
3
4:21
 
4
4:45
 
5
4:25
 
6
6:03
 
7
4:14
 
8
5:43
 

Schroeder-Headz その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめ

  • Trinity
    Trinity
    fox capture plan
  • CHECK THIS OUT
    CHECK THIS OUT
    JABBERLOOP
  • SCENES
    SCENES
    bohemianvoodoo
  • I am
    I am
    森田真奈美
  • 産業革命 - EP
  • CLOCK TOWER
  • Pool
    Pool
    toconoma