スタッフメモ 韓国のグループNCT 127が、2020年の3月末に発表したセカンドフルアルバム『Neo Zone』。そこには、スムースなR&Bの「White Night」「Not Alone」「Dreams Come True」や、クールなポップの「Boom」、そしてアグレッシブなスタンスを見せる「Kick It」「MAD DOG」「Sit Down!」など数々の魅力的なナンバーが並ぶ。そのアルバムに計4曲の新曲を加えたリパッケージ盤が、この『The Final Round』だ。洗練されたダンスポップの「NonStop」、雰囲気たっぷりの間奏曲「Prelude」、ゴージャスなピアノバラード「Make Your Day」に加えて、作品の冒頭を飾る極め付きの一曲「Punch」。この曲が放つ渦巻くようなエネルギーは、自作の「Kick It」に対するカウンターアタックとも取れる。NCT 127のメンバーのジョニー、マーク、ジェヒョンが、「Punch」についての思いをApple Musicに語った。

マーク:「Punch」は、強力でコンパクトなラインでできたバース(Aメロ)で始まるんだ。特に僕のトーンは突き抜けるように鋭くて、リスナーに歌詞をしっかりと伝えてると思う。レコーディング中、特に「Punch」でそのトーンをうまく使えるようにベストを尽くしたんだ。
ジェヒョン:「Punch」のレコーディングで一番おもしろかったのは、ささやき声のパートだった。エネルギーを注ぐのと同時にささやく必要があったんだ。あと、コーラスをレコーディングするのは楽しかったな。どちらかというとアリアを歌うみたいな感じで。
ジョニー:「Punch」は、過去の問題点やトラウマを全部"パンチ"で殴り飛ばして、前に進んでいこうという歌なんだ。これって今の僕たちに必要なモチベーションのような気がする。

ソング
Punch
1
3:24
 
NonStop
2
3:24
 
Prelude
3
1:45
 
Kick It
4
3:53
 
Boom
5
3:29
 
Pandora's Box
6
4:09
 
Day Dream
7
3:25
 
Make Your Day
8
3:35
 
Interlude: Neo Zone
9
1:39
 
MAD DOG
10
3:03
 
Sit Down!
11
3:20
 
Love Me Now
12
4:08
 
Love Song
13
3:35
 
White Night
14
4:03
 
Not Alone
15
3:45
 
Dreams Come True
16
3:45
 
Elevator (127F)
17
3:29