スタッフメモ 「楽器を持たないパンクバンド」BiSH のメジャー第1弾アルバムは、アイドルという括りで収まらない彼女達の魅力が存分に詰まった作品。BiSH の存在を唯一無二のものとさせているサウンド面と、彼女達自ら手がけた歌詞の世界に注目したい。オープニングトラックの “DEADMAN(2nd)” から ”ファーストキッチンライフ” と続くハードコアパンク2部作、メタルコアの要素が詰まった ”iDOL is SHiT”、90年代青春パンクを彷彿させる ”KNAVE” など、彼女達のキュートなヴォイスを支えるサウンド面の多彩さは音楽ファンをも唸らせる。またメンバーが歌詞を担当した楽曲達 - 新メンバー、アユニ・Dが歌詞を手がけた ”本当本気” を始め、生と死についての苦悩や、上手くいかないもどかしさを素直に綴った歌詞が多く収録されている点にも注目。このアルバムに込められた彼女達の純粋な思いが、これからも多くのファンの心を掴んでいくだろう。

ソング
DEADMAN(2nd)
1
1:37
 
ファーストキッチンライフ
2
2:55
 
オーケストラ
3
5:42
 
Stairway to me
4
6:24
 
IDOL is SHiT
5
3:55
 
本当本気
6
4:44
 
KNAVE
7
4:54
 
Am I FRENZY??
8
5:30
 
My distinction
9
4:12
 
summertime
10
3:05
 
Hey gate
11
4:07
 
Throw away
12
4:07
 
生きててよかったというのなら
13
5:15