無罪モラトリアム

椎名林檎

無罪モラトリアム

何かの重大判決が出た瞬間のような騒然としたジャケットがインパクト大のこのデビューアルバムで、椎名林檎は1999年の音楽界に巨大なセンセーションを巻き起こした。本作はチャートを席巻した"歌舞伎町の女王"や"ここでキスして。"などのシングル曲に加え、彼女の代表曲"丸の内サディスティック"といった初期の名曲群が満載。自身を「新宿系」とうそぶきながら巻き舌ヴォイスで歌謡メロディを叫び、そうした和テイストをパンク、ロック、ジャズのミクスチャーに乗せるという豪快極まりない音絵巻。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11