14曲、57分

スタッフメモ

1960年代初頭にイギリスとアメリカの音楽学校に留学してジャズを学び、その後はニューヨークでラテン音楽にも傾倒。帰国後はアレンジャーとして現地の人気シンガーのファンキーな楽曲を数多く手掛けながら、エチオピア音楽とジャズとの融合を独自のスタイルで追求したキーボード&ビブラフォン奏者。そんな彼による1970年代前半の録音を中心とした傑作選。妖艶なエチオピア特有の音階やリズムを生かしたエキゾ・ファンキージャズは独創的にしてクール。ヒップホップのサンプリングにも多用され、時を超えて幅広い聴き手に親しまれるようになった。

スタッフメモ

1960年代初頭にイギリスとアメリカの音楽学校に留学してジャズを学び、その後はニューヨークでラテン音楽にも傾倒。帰国後はアレンジャーとして現地の人気シンガーのファンキーな楽曲を数多く手掛けながら、エチオピア音楽とジャズとの融合を独自のスタイルで追求したキーボード&ビブラフォン奏者。そんな彼による1970年代前半の録音を中心とした傑作選。妖艶なエチオピア特有の音階やリズムを生かしたエキゾ・ファンキージャズは独創的にしてクール。ヒップホップのサンプリングにも多用され、時を超えて幅広い聴き手に親しまれるようになった。

タイトル 時間

MULATU ASTATKE その他の作品