6曲、1時間1分

スタッフメモ

フリードリヒ・グルダは、クラシックの作品をガスタイク・ホールで演奏し、市内のクラブでジャズに興ずるなど、どちらの活動にも愛情を注ぎ、ミュンヘンという町と特別な関係を築いてきた。このアルバムには、1986年にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を弾き振りした2つのモーツァルトの協奏曲を収録。暗い色合いの「ニ短調」と、生き生きとした「戴冠式」という、グルダのお気に入りの2作品である。彼のモーツァルトは常に想像力にあふれ、聴衆と語り合うような親密さが特徴で、ここでの演奏も編成の大きなオーケストラが鮮やかな背景となり、隅々まで美しいピアニズムを披露している。特に速い楽章でのまばゆいほどの輝きが印象的。

Apple Digital Master

スタッフメモ

フリードリヒ・グルダは、クラシックの作品をガスタイク・ホールで演奏し、市内のクラブでジャズに興ずるなど、どちらの活動にも愛情を注ぎ、ミュンヘンという町と特別な関係を築いてきた。このアルバムには、1986年にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を弾き振りした2つのモーツァルトの協奏曲を収録。暗い色合いの「ニ短調」と、生き生きとした「戴冠式」という、グルダのお気に入りの2作品である。彼のモーツァルトは常に想像力にあふれ、聴衆と語り合うような親密さが特徴で、ここでの演奏も編成の大きなオーケストラが鮮やかな背景となり、隅々まで美しいピアニズムを披露している。特に速い楽章でのまばゆいほどの輝きが印象的。

Mastered for iTunes
タイトル 時間

フリードリヒ・グルダ その他の作品