スタッフメモ メランコリックな名作「Sea Change」から12年、名アレンジャー/コンポーザーとして知られる実父、David Campbell をはじめ、ほぼ同じメンバーが再結集した通算12枚目のアルバム。前作「Modern Guilt」から6年ぶりと、難産の末に完成させたアルバムとなったが、そのかいあって第57回グラミー賞 (GRAMMY®) で最優秀アルバム、最優秀ロックアルバム、最優秀エンジニアアルバムの3冠制覇。アコースティックでシンフォニックな仕立てながらセンチメンタリズムに溺れることなく、得も言われぬ美しいハーモニーに彼の成長が刻まれている。淡い光に包まれるような音づくりは "Morning" から顕著で、全編を通して格別のメロウネスをたたえた極上のチルアウトミュージックとしても響く傑作。

1
0:39
 
2
5:19
 
3
4:31
 
4
3:29
 
5
4:02
 
6
4:34
 
7
3:40
 
8
3:09
 
9
4:26
 
10
1:07
 
11
3:05
 
12
4:00
 
13
5:00
 

ベック その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム