スタッフメモ コンシャスな社会派ラッパーとして、その発言が影響力を持つカリスマ、ケンドリック·ラマー。そのメッセージ性やストーリーテラーとしての力量、リリシズムに関してはぜひ歌詞を参照しつつその世界観、深みを堪能していただきたい。本作はコンプトンを舞台にした1人の少年を主人公にしたコンセプトアルバムであり、ラマー自身の自叙伝的な色合いの濃い作品。ギャングが割拠するハードな環境の中、ひたすら音楽に打ち込んでいたラマーが語るストリートの過酷な現実が切実に響く。Pharrell Williamsや Scoop DeVilleら多彩なトラックメイカーが参加したダークで硬質なサウンドも、まるでサウンドトラックのようにメッセージ性を際立たせる。ハイプとは無縁の硬派な内容ながら、チャートアクションも好調。批評家からもクラシック級の名盤扱いをされた傑作。

1
4:33
 
2
5:10
 
3
3:32
 
4
5:24
 
5
6:26
 
6
5:00
 
7
3:34
 
8
5:50
 
9
5:13
 
10
12:03
 
11
7:23
 
12
4:08
 
13
5:52
 
14
4:38
 
15
4:17
 
16
3:57
 
17
4:07
 
18
4:38
 
19
5:06
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

ケンドリック・ラマー その他の作品

おすすめコンテンツ