7曲、59分

スタッフメモ

名門Blue Note Recordsに残された唯一のリーダー作。1958年、Prestige Recordsと契約していたジョン・コルトレーンは、Blue Note Recordsの社長から熱烈なオファーを受け、マイルス・デイヴィスのグループで共演していた気心の知れたリズム隊など、自ら当時のお気に入りのメンバーを選んでレコーディングに臨んだ。アルバムタイトルにもなっている3つの管楽器によるブルーなハーモニーが印象的な"Blue Train"、軽快なリズムに複雑な構成とコードワークがスリリングな"Moment’s Notice"など、アルバム全体が創造的エネルギーと心地良い緊張感に包まれている。また、当時20歳になったばかりのリー・モーガンによる、はつらつとしたトランペットにも注目。Blue Note Records屈指の人気盤として、今なお多くのジャズファンに愛聴される珠玉の名演に、入門者もジャズの楽しさを存分に味わうことができるだろう。

スタッフメモ

名門Blue Note Recordsに残された唯一のリーダー作。1958年、Prestige Recordsと契約していたジョン・コルトレーンは、Blue Note Recordsの社長から熱烈なオファーを受け、マイルス・デイヴィスのグループで共演していた気心の知れたリズム隊など、自ら当時のお気に入りのメンバーを選んでレコーディングに臨んだ。アルバムタイトルにもなっている3つの管楽器によるブルーなハーモニーが印象的な"Blue Train"、軽快なリズムに複雑な構成とコードワークがスリリングな"Moment’s Notice"など、アルバム全体が創造的エネルギーと心地良い緊張感に包まれている。また、当時20歳になったばかりのリー・モーガンによる、はつらつとしたトランペットにも注目。Blue Note Records屈指の人気盤として、今なお多くのジャズファンに愛聴される珠玉の名演に、入門者もジャズの楽しさを存分に味わうことができるだろう。

タイトル 時間

ジョン・コルトレーン その他の作品

他のおすすめ