スタッフメモ 音を巡って時空を旅してきた彼の精神世界地図に、アンビエントミュージックの新たな境地が加わったことが実感できる15作目のソロアルバム。心地良い音の快楽の裏でどこまでも沈み込むこのダークな感覚は、デヴィッド・リンチの映画にも似ている。出色の出来は、矢野顕子とのデュオヴォーカルよる"HONEY MOON"のセルフカバーに立ち込めるスピリチュアルな空気感や、"AIWOIWAIAOU"の妖しく黒光りするファンク。アンビエントの始祖、ブライアン・イーノの連作でおなじみのLaraajiも参加している。

1
8:05
 
2
5:04
 
3
3:23
 
4
5:26
 
5
6:32
 
6
3:42
 
7
9:46
 
8
6:22
 
9
10:37
 
10
4:03
 

細野 晴臣 その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめ