24曲、1時間12分

スタッフメモ

マーラーの交響曲第8番は、ゲーテによる「ファウスト」のキリスト教の典礼を歌詞に用いるなど、交響曲にカンタータとオラトリオが合体したような作品であり、また、壮大な演奏を要することでも有名だ。「千人の交響曲」という別名のように、本作での演奏も管弦楽と器楽奏者、合唱団、独唱者らの総勢は1030人に及ぶ。そして何より1910年にミュンヘンで行なわれた初演と同じオーケストラであることが大きな聴きどころとなっている。第一部冒頭の熱烈な賛美歌、第二部幕開けの厳粛でワーグナー的な管弦楽の響き、哀願するかのようなバスによる美しいアリア、神による救済を歌った終曲の合唱など、マーラーは聴き手に"世界が鳴り響き始めたことを想像してほしい"と記した。ゲルギエフ、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、数百人からなる声楽家たちが、マーラーの音楽世界を見事にそして色鮮やかに描き出す。

スタッフメモ

マーラーの交響曲第8番は、ゲーテによる「ファウスト」のキリスト教の典礼を歌詞に用いるなど、交響曲にカンタータとオラトリオが合体したような作品であり、また、壮大な演奏を要することでも有名だ。「千人の交響曲」という別名のように、本作での演奏も管弦楽と器楽奏者、合唱団、独唱者らの総勢は1030人に及ぶ。そして何より1910年にミュンヘンで行なわれた初演と同じオーケストラであることが大きな聴きどころとなっている。第一部冒頭の熱烈な賛美歌、第二部幕開けの厳粛でワーグナー的な管弦楽の響き、哀願するかのようなバスによる美しいアリア、神による救済を歌った終曲の合唱など、マーラーは聴き手に"世界が鳴り響き始めたことを想像してほしい"と記した。ゲルギエフ、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、数百人からなる声楽家たちが、マーラーの音楽世界を見事にそして色鮮やかに描き出す。

タイトル 時間

ワレリー・ゲルギエフ その他の作品