6曲、1時間33分

スタッフメモ

マーラーの交響曲の中で最も演奏時間の長い第3番は、楽器編成のスケールも別格で、大編成によるオーケストラに女声合唱と児童合唱、さらにはアルト独唱が加わって演奏される。完成した当時は楽章が選択されて初演され、全曲を通した初演ではマーラー自身が指揮を執った。本作で演奏するケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団は、1902年の全曲初演でも演奏したオーケストラ。そうした縁もあってか、何か特別な雰囲気に包まれたような熱演を聴くことができる。タクトを振ったフランソワ=グザヴィエ・ロトは、力強く堂々としながらも細部まで綿密な音作りをしており、見事なバランス感覚を発揮。アルト独唱のサラ・ミンガルドも異彩を放ち、その表現力が作品全体に品格を与えている。深く印象に残る第3番である。

スタッフメモ

マーラーの交響曲の中で最も演奏時間の長い第3番は、楽器編成のスケールも別格で、大編成によるオーケストラに女声合唱と児童合唱、さらにはアルト独唱が加わって演奏される。完成した当時は楽章が選択されて初演され、全曲を通した初演ではマーラー自身が指揮を執った。本作で演奏するケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団は、1902年の全曲初演でも演奏したオーケストラ。そうした縁もあってか、何か特別な雰囲気に包まれたような熱演を聴くことができる。タクトを振ったフランソワ=グザヴィエ・ロトは、力強く堂々としながらも細部まで綿密な音作りをしており、見事なバランス感覚を発揮。アルト独唱のサラ・ミンガルドも異彩を放ち、その表現力が作品全体に品格を与えている。深く印象に残る第3番である。

タイトル 時間

François-Xavier Roth その他の作品