13曲、55分

スタッフメモ

田中知之が手がけるプロジェクト Fantastic Plastic Machine の2ndアルバム。1st「the Fantastic Plastic Machine」に続き洗練されたサウンドを披露し、FPMワールドを確立させた1作だ。彼の、ジャズやボッサ、映画音楽、ワールドミュージック、ハウス、ヒップホップといったエレメントを絶妙に配合するセンスは、もはや天才的と言うほかない。彼のDJにしてもそうなのだが、表層のネタだけを模倣したのでは到底表現できない野生の勘が作り出す世界なのだ。Eurhythmics の “There Must be an Angel” をブラジリアンでカバーするなど、マニアックになりすぎず、かといってありきたりなものではなく、音楽通が聴いてニヤっとさせられる形に仕上げながら、もっとオーディナリーな層にも受け入れやすい音になっている、このバランス感覚が素晴らしい。ラウンジ系のアーティストが多数活躍し、秀作がたくさん生まれた1990年代の中でもとりわけ光る作品だ。

スタッフメモ

田中知之が手がけるプロジェクト Fantastic Plastic Machine の2ndアルバム。1st「the Fantastic Plastic Machine」に続き洗練されたサウンドを披露し、FPMワールドを確立させた1作だ。彼の、ジャズやボッサ、映画音楽、ワールドミュージック、ハウス、ヒップホップといったエレメントを絶妙に配合するセンスは、もはや天才的と言うほかない。彼のDJにしてもそうなのだが、表層のネタだけを模倣したのでは到底表現できない野生の勘が作り出す世界なのだ。Eurhythmics の “There Must be an Angel” をブラジリアンでカバーするなど、マニアックになりすぎず、かといってありきたりなものではなく、音楽通が聴いてニヤっとさせられる形に仕上げながら、もっとオーディナリーな層にも受け入れやすい音になっている、このバランス感覚が素晴らしい。ラウンジ系のアーティストが多数活躍し、秀作がたくさん生まれた1990年代の中でもとりわけ光る作品だ。

タイトル 時間

Fantastic Plastic Machine その他の作品

他のおすすめ