スタッフメモ 伸び続けるライブ動員に比べ、アルバムのセールスが振るわずにいたTHE YELLOW MONKEYが、起死回生の一作としてポップな路線に舵を切った4作目のオリジナルアルバム。1990年代当時、イギリスでムーブメントを巻き起こしていたブリットポップと共振し、軽やかでキャッチーなサウンドに転向した。先行シングルの"Love Communication"をはじめ、歌詞には男女の艶めいた関係が描かれ、ドラマチックなギターサウンドが華やかに彩る。この路線変更が功を奏し、バンドは見事ロックシーンの中心へ躍り出た。THE YELLOW MONKEYがスターダムへと上り詰めていく足がかりとなった重要作。

1
3:23
 
2
3:43
 
3
5:01
 
4
4:30
 
5
4:14
 
6
6:39
 
7
4:59
 
8
3:24
 
9
4:15
 
10
3:37
 
11
6:28
 
12
4:27
 
13
4:45
 

ミュージックビデオ

THE YELLOW MONKEY その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム