10曲、41分

スタッフメモ

スコットランド出身のニューウェイブバンド、コクトー・ツインズの最高傑作とも称される1984年リリースの3作目。より重厚さを増したノイズや、奥行きと浮遊感を感じさせるサウンドスケープ、ギリシャ神話をベースにした幻想的な世界観、そしてエリザベス・フレイザーの天使の歌声が未だかつてない高次元で融合。その洗練されたプロダクションは、ロックアルバムのダイナミクスとポップアルバムとしての間口の広さを同時に獲得している。彼らは本作によって4ADのレーベルカラーを象徴するバンドとなった。このアルバムの普遍的なドリームポップ性とチルウェイブの原点、そしてアンビエントミュージックとしての先鋭性は、今なお色褪せることのない輝きを放ち続けている。

スタッフメモ

スコットランド出身のニューウェイブバンド、コクトー・ツインズの最高傑作とも称される1984年リリースの3作目。より重厚さを増したノイズや、奥行きと浮遊感を感じさせるサウンドスケープ、ギリシャ神話をベースにした幻想的な世界観、そしてエリザベス・フレイザーの天使の歌声が未だかつてない高次元で融合。その洗練されたプロダクションは、ロックアルバムのダイナミクスとポップアルバムとしての間口の広さを同時に獲得している。彼らは本作によって4ADのレーベルカラーを象徴するバンドとなった。このアルバムの普遍的なドリームポップ性とチルウェイブの原点、そしてアンビエントミュージックとしての先鋭性は、今なお色褪せることのない輝きを放ち続けている。

タイトル 時間

コクトー・ツインズ その他の作品

他のおすすめ