10曲、43分

スタッフメモ

前作から5年もの歳月を経て完成した、2018年リリースの4作目のアルバム。2作目、3作目と思索的な孤高のサイケデリックサウンドを追求し続けたMGMTが、そのある種の重みや強迫観念から解放されたエレクトロポップを再び鳴らした会心の作品。高揚感のあるフォークサイケとふくよかなコーラスがファンタジックな世界を描き出していく"When You Die"や、デビューアルバム「Oracular Spectacular」をほうふつさせるサイケポップの"Me and Michael"、エレクトロファンクのアプローチが試された"Little Dark Age"など、アルバム全編を通してカラフルなサウンドが跳ねている。ただし、本作のサイケデリックは現実逃避としてのそれではなく。「少しダークな時代」を意味するタイトルにも象徴されるように、アメリカのシビアな社会情勢下でポップミュージックを作り続けることへの覚悟を感じる作品でもある。

スタッフメモ

前作から5年もの歳月を経て完成した、2018年リリースの4作目のアルバム。2作目、3作目と思索的な孤高のサイケデリックサウンドを追求し続けたMGMTが、そのある種の重みや強迫観念から解放されたエレクトロポップを再び鳴らした会心の作品。高揚感のあるフォークサイケとふくよかなコーラスがファンタジックな世界を描き出していく"When You Die"や、デビューアルバム「Oracular Spectacular」をほうふつさせるサイケポップの"Me and Michael"、エレクトロファンクのアプローチが試された"Little Dark Age"など、アルバム全編を通してカラフルなサウンドが跳ねている。ただし、本作のサイケデリックは現実逃避としてのそれではなく。「少しダークな時代」を意味するタイトルにも象徴されるように、アメリカのシビアな社会情勢下でポップミュージックを作り続けることへの覚悟を感じる作品でもある。

タイトル 時間

MGMT その他の作品