14曲、57分

スタッフメモ

川谷絵音(Vo/G)が率いるバンドの3作目となるフルアルバム。新たなメンバーとして佐藤栄太郎(Dr)が加わり、グルーヴにさらなる自由度を獲得。ソウルやファンクをベースにしたミニマルなダンスポップ"ココロネ"、ローファイな響きでノスタルジックな雰囲気を生む"夏夜のマジック"、ポエトリーリーディングを交えてファンタジックな物語を紡ぐ"eye"など、楽曲のテーマに沿って多様なアレンジを繰り出す。従来のエバーグリーンなポップスにブラックミュージックやダンスミュージックの要素をバランスよく取り入れることにより、憂いと透明感をたたえた歌の世界観を鮮やかに際立たせている。

スタッフメモ

川谷絵音(Vo/G)が率いるバンドの3作目となるフルアルバム。新たなメンバーとして佐藤栄太郎(Dr)が加わり、グルーヴにさらなる自由度を獲得。ソウルやファンクをベースにしたミニマルなダンスポップ"ココロネ"、ローファイな響きでノスタルジックな雰囲気を生む"夏夜のマジック"、ポエトリーリーディングを交えてファンタジックな物語を紡ぐ"eye"など、楽曲のテーマに沿って多様なアレンジを繰り出す。従来のエバーグリーンなポップスにブラックミュージックやダンスミュージックの要素をバランスよく取り入れることにより、憂いと透明感をたたえた歌の世界観を鮮やかに際立たせている。

タイトル 時間

indigo la End その他の作品

他のおすすめ