スタッフメモ カナダ出身のシンガーソングライター、カーリー・レイ・ジェプセンのメジャーデビューアルバム。2000年代後半にインディーで活動していた彼女だったが、その歌声が同郷のトップスター、ジャスティン・ビーバーの耳に留まったことからシンデレラストーリーは始まった。ジャスティンからのアプローチを受け、彼のレーベルSchoolboy Recordsと契約して本作をリリースしたことで、その存在が瞬く間に世界中の音楽ファンの知るところに。大ヒットした "Call Me Maybe" を含め、粒ぞろいで完成度が高い楽曲が並び、その成功が実力に裏打ちされたものだったことを物語っている。ポップミュージックの旨味が凝縮された一枚だ。

ソング
Tiny Little Bows
1
3:21
 
This Kiss
2
3:48
 
Call Me Maybe
3
3:13
 
Curiosity
4
3:33
 
Good Time
5
3:25
 
More Than a Memory
6
4:02
 
Turn Me Up
7
3:44
 
Hurt So Good
8
3:08
 
Beautiful
9
3:17
 
Tonight I’m Getting Over You
10
3:39
 
Guitar String / Wedding Ring
11
3:26
 
Your Heart Is a Muscle
12
3:49
 
Drive
13
2:59
 
Wrong Feels So Right
14
4:17
 
Sweetie
15
3:38
 
I Know You Have a Girlfriend
16
3:03
 
Almost Said It
17
2:27
 
Melt With You
18
3:59