スタッフメモ カリスマ的な人気を誇ったパンクバンドGOING STEADYのメンバー3人が結成した銀杏BOYZ。2作品同時発売という驚きのリリース方法がとられたデビュー作のうち片方がこの「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」だ。ギターウルフに匹敵する爆音レコーディングでのパンクな演奏に乗せて、タイトルが象徴する通り、"君への思い"や"素敵な君とどうしようもない僕"が、アルバム全編を通して歌われる。それも純粋を通り越してかなりモラルに反した言葉の連続なので、ピッチ補正などとは無縁のヴォーカルスタイルとも相まり、思い切り"無修正"な印象のパンクアルバムとなっている。 YO-KING、伊藤洋一(GOING UNDER GROUND)、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)といったゲストミュージシャンも豪華だが、中でも驚きなのはYUKIの参加だろう。タイトルとジャケットのインパクトから特にこちらのアルバムへ注目が集まっているようにも感じられるが、同時発売の「DOOR」も負けじと強烈な1枚。ぜひとも合わせて聴いてもらいたい。

1
1:32
 
2
5:35
 
3
4:07
 
4
2:25
 
5
4:25
 
6
4:32
 
7
4:42
 
8
5:26
 
9
3:59
 
10
5:21
 
11
5:24
 
12
7:04
 
13
7:28
 
14
10:17
 

銀杏BOYZ その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめ