11曲、42分

スタッフメモ

ジャマイカから英国に渡って録音された前作「Exodus」と同時期にレコーディングされた楽曲で構成された、1978年リリース作。黙示録的な不穏さも含んだ前作とは対照的にピースフルな雰囲気の楽曲が数多く、ボブ・マーリーのメロディアスな魅力が際立った佳作となっている。シングルカットされてヒットした"Is This Love"などのラブソングに、表題曲や"Sun Is Shining"といった世界デビュー前からの持ち歌の再録、後半にはややヘヴィな楽曲を挟んでフォークっぽいアレンジが新鮮な"Time Will Tell"など。闘争的なスピリットは健在ながらも親しみやすい音楽性で、より幅広い支持を獲得した。

スタッフメモ

ジャマイカから英国に渡って録音された前作「Exodus」と同時期にレコーディングされた楽曲で構成された、1978年リリース作。黙示録的な不穏さも含んだ前作とは対照的にピースフルな雰囲気の楽曲が数多く、ボブ・マーリーのメロディアスな魅力が際立った佳作となっている。シングルカットされてヒットした"Is This Love"などのラブソングに、表題曲や"Sun Is Shining"といった世界デビュー前からの持ち歌の再録、後半にはややヘヴィな楽曲を挟んでフォークっぽいアレンジが新鮮な"Time Will Tell"など。闘争的なスピリットは健在ながらも親しみやすい音楽性で、より幅広い支持を獲得した。

タイトル 時間

ボブ・マーリー & ザ・ウェイラーズ その他の作品